修理には純正パーツが使われるので安心

iPhoneが壊れてしまった、その時あなたは

仕事でもプライベートでも手放せないPhone。なのに、うっかり落として画面が割れてしまった……そんな時、あなたはどうしますか? 修理を行っているお店はたくさんあります。あなたもきっと、街で広告を見かけたことがあるんじゃないでしょうか。画面は割れてもまだ手の中のiPhoneが動くようなら、検索エンジンで「iPhone修理」と検索してもいいかもしれません。「うちで直せますよ」という宣伝がずらりと並んでいます。しかも修理費用が比較的安いお店もあって、どこにお願いするべきなのか悩んでしまう方もいると思います。

実際にAppleが掲載している価格表を見てみると、iPhone XSの画面修理にかかる費用は31,800円(Appleが提供する保証サービス「AppleCare+」に加入していない場合)。
一方、5000円以下の価格で修理を受け付けてくれるお店も存在します。Appleの修理は高い気がするけど、安いお店も心配……そんな時、「純正パーツ」について知っておくと、お店選びの決め手になるかもしれません。

正規店では「純正パーツ」を使っている

Apple Store直営店とAppleが公認している正規サービスプロバイダ(正規店)では、修理の際にAppleの純正パーツを使用しています。純正パーツとはメーカー自身が作っている部品のことを言います。新品のiPhoneは純正部品からできていますから、これがなくては壊れたiPhoneを完全に元の姿に戻すことはできません。日本にあるApple正規店は、地域ごとの取り扱い店舗をAppleの公式ホームページから検索することができます(正規サービスプロバイダは物理的損傷には対応していますが、ソフト面の故障は直営店でないと対応できないこともあるそうです。Appleのホームページから故障内容を選択すると、どこへ持ち込むべきかなどが調べられます)。

直営店や正規店での修理は安くはありませんが、Appleが提供する純正パーツを使用しているという要素は、安心に繋がるのではないでしょうか。

iphoneの修理を吉祥寺で行う際には、即日修理に対応していて豊富な実績を誇る専門店へ依頼することで、突然のトラブルで困っている場合でも早く確実な修理を実現できます。

© Copyright Regular Stores Smart-phone. All Rights Reserved.